新潟県上越市の施設園芸農家のせがれが、日々雑感をちょこちょこと書いていきます。
しーろんと言う名前で風船ひねっているのは私です。

業務終了(でっかいミカン

2009/01/31(土) 20:05:10
パイプ用トマト苗仮植
注文トマト苗(ヌードメイク)鉢差し
3号温室苗床準備(地中暖房用温湯パイプ配管)
オータムポエム調整出荷

鹿児島の知り合いより送っていただいた「ザボン」
をお茶の時間に切って出す。
いつもいろんな種類をごちゃ混ぜにして送って下さる、感謝。
こんなにでっかい
20090131200508

でも切ると皮がこんなに厚い。
20090131200500

この皮はお砂糖で煮詰めて食べるらしい。
確かにおみやげ物やさんで見た記憶がある
スポンサーサイト

ヌードがきた!

2009/01/31(土) 20:03:52
変な想像したひと挙手ノシ

さてさて、ヌードといっても、
ベルグアースという会社が出している「ヌードメイク」という商品
接ぎ木苗のことです。
最大の特徴は、根が無い ということです。
断根刺し継ぎ苗ですね。
20090131200341

このような形態で送られてきます。
根っこが無いので、こちらで発根させてやる必要がありますし
接ぎ木直後に送られてくるので活着の手間もありますが、
育苗期間が短く、運賃(1本当たり)も激安のため、お値段がお安くてすみます。

ですが、多少(いやかなり)技術と施設が必要なため
以前はベルグアースさんの方で販売先は限定されていました。
今はどうなのかは知りません。

今回のトマト苗はおつきあいのある種屋さんからの依頼です。
こんな感じで発泡スチロールに入って送られてきます。
20090131200350

この中に最大200本入ってくるので運賃が激安なのです。
中はこんな感じ。
20090131200348

それを鉢に差していきます。
とにかく乾燥させないことがなにより重要。
20090131200346

20090131200343

不織布、PO、シルバーPO、黒不織布と4重に厳重な密封をします。
20090131200339

20090131200336


簡単に言い切ってしまえば、高温多湿をいかに保つかがこつですが、
ほかにも気を遣う部分が山盛りあります。
正直なところしっかりとした施設がないと厳しいと思います。

業務終了(計器は狂うもの

2009/01/30(金) 22:36:42
20090130223640
20090130223636
パイプ用トマト苗仮植

温室に入れてある暖房機にのスイッチを入れてもエラーを吐く。
とりあえず燃料を疑うも、タンクの燃料計は半分以上を示す。
でも暖房機のエア抜きからは燃料が出てこない。
チューブの燃料も動かない。

おかしいなぁ?と燃料タンクを蹴り上げると

なんと

燃料計が一気に0に。

なんてこたぁない、燃料計がタンク内側で引っかかっていました。
タンクのなか空っぽでした。

急いであちこちから灯油を少しずつ集めて入れました。

計器は疑え

業務終了(やっとこさ終了5日目

2009/01/29(木) 22:30:14
6号ハウス定植

周年型ハウスようやくすべて定植終了。
本日は2,600本。
このハウスのみ植え方がほかのハウスとはちょっと異なります。
ほかのハウスは、畝を作って、穴あけて、マルチして植えますが
ここは植えて、畝作ってマルチします。
順番が違うのです。
そしてそのほかに、1列1条植えになります。
20090129223012

こんな感じ。
ほかのハウスでは、一つの畝で2列の千鳥に植えますが
ここではまっすぐな一列にします。
そして後ほどつり上げるときに左右に振り分けるのです。

何でこんなことするのかと言えば、時間の短縮のためなのです。
2列千鳥植えでは、定植できるまでの時間がかかりますが
これなら耕耘後2日で定植が完了します。
まあどちらのやり方も一長一短ですがね。

20090129223009

最後はマルチして終了。
真ん中をホチキス止めして行きます。

業務終了(写真取り忘れた定植4日目

2009/01/28(水) 23:01:51
定植準備
(6号ハウス育苗ハウスからの転換作業

わちゃわちゃしていたら写真とるの忘れました。
今まで育苗に使っていたハウスにもトマト定植するので
苗を片づけて定植の準備です。

敷いてあったビニールをはぐり、耕耘して
畝をつくり・・・。
なかなかいっぱい作業あります。

明日もガンバロー。

業務終了(一息つける3日目

2009/01/27(火) 22:05:40
トマト定植
(周年1,2号)
周年ハウス(鉄骨造、要は屋根を張りっぱなしってこと)
の内、6号ハウス以外の定植が終わりました。
約10,500本が植え終わりました。
6号ハウスは今育苗ハウスに使っているので、これから大急ぎで定植の準備です。
この中にいっぱいだったトマト苗ももうこんだけ。
20090127220536

これから、
苗を移動できるように折に詰めて、地中暖房パイプ引き抜いて、耕耘して、畝作って
また地中暖房用パイプ敷設して、植えて、潅水パイプ配管して、マルチして

はぁ。
あと4日は軽くかかります。

ところで、寒い時期のトマトは一段目花房を咲かせてから定植します。
出ないと樹が暴れてしまうのです。
20090127220538

加温機

2009/01/27(火) 22:01:26
加温機、
暖房機のことです。
お湯を沸かすものもあります。
ネポンというメーカーが有名ですし、我が家もすべてネポンです。
商品名は「ハウスカオンキ」
周年ハウス一棟に付き温湯1台温風1台ないし2台入ってます。
重油、灯油のタンクも大小さまざまいろいろありまして、、
併せて14klほど常備しています。

で、本体がこちら。
20090127220124

これは
75,000kcalタイプです。(87.2kw)
今部屋にあるファンヒーターが6畳用で3.6kwですから約25倍の能力があるって事ですな。
20090127220121.jpg

写真のようにダクトを接続して、ハウス内を暖気がうまいこと還流してくれるようにしています。
これから毎日、寝ているとどこかで加温機のファンの回る音が聞こえてきます。

うん、結構うるさいです。

業務終了(足が痛い定植2日目

2009/01/26(月) 23:04:55
20090127000453
20090127000451
トマト定植
(周年4.3号)

トマト定植2日目。
トマト苗運んで植えて水くれてマルチ直して加温機ダクト設置して、
今日も終わる。

きのう一番大きなハウスを定植したので、気分的には楽なのだが
よくよく考えてみれば、今日は2棟合わせて4000本植えますので、
きのうよりも時間がかかるのです。

立ったりしゃがんだり、まるでスクワットしている状態ですので
足が筋肉痛でひどいものです。

残業中ライトを照らしたハウスを外から見たら
あらかっこいい。

菊の産地で電照栽培しているところを一度みたことありますが
あのライトの数には負けますな。

残業中

2009/01/26(月) 22:53:00
20090126225257
200901262252552
ハウスを温める加温機は重油か灯油を燃やします。
家庭用のファンヒーターとは違いたくさん油を使用するので
油は外に大きなタンクを用意して配管してあるのですが
接続部分から油漏れするようになりました。

けっこう足が当たったりするところなので仕方ないっちゃ言えます。
だいたい1日で500mlほど漏れます。
この加温機は1時間で重油を9.5l消費しますからだいたい6分燃える量です。
加温機重油消費しすぎ(;-_-)=3

そんなわけで修理です。

明日はこのハウスを定植するので今夜直さなきゃいけません

今までは銅管をフレア加工して付けてありましたが、
今度は耐油チューブにしちゃいます。
耐用年数はこちらが圧倒的に短いのですが、銅管加工の技術が無いのだからしょうがない。
今度時間ある時にフレキシブルチューブのいいやつ探さなきゃ。

業務終了(やってきた定植1日目

2009/01/25(日) 22:19:48
5号ハウス定植

さて、きのうの雪がかちこちに凍っていまして
苗運搬に支障を来すため、まずは道路の氷剥がしから向かった日曜日。
ええ、日曜日。
農家にゃ土日はありません、あるのは仕事に適した日のみ。

さて、まずは苗だし。
育苗ハウスから一輪車で苗を運び出します。
20090125221946

ちなみにこの一輪車には最大90本積めます。
ただし、今は4寸鉢ですが、3寸5分の鉢ですと、105本つまります。

20090125221944

それを順次配って回り、ひたすら植えて回ります。
このハウスには3,480本植わりますので、この一輪車で
約40往復する必要があるのです。
このハウスは我が家でも最大のハウスで500坪あります
約1,650平方メートルですね。
ここさえ終われば以外とあとは楽なのです。
20090125221941

さて、定植も終わりました。
でもまだこれで終わりじゃありません。
このあと暖房機のダクトを設置してあげます。
いやはや、なかなかやることいっぱいなのです。

業務終了(

2009/01/24(土) 22:00:47
20090124220045
20090124220041
トマト定植準備
いろいろ修理とか
除雪とか

いきなりのまとまった雪になり、定植はお預け。
朝直売所に行った時は結構降っておりまして、
だいたい100m先視界不良なかんじ。
なのに車のライトをつけてない人が多くてびっくり。
危険だと思わないのかね?
でもいくら安全のためとはいえ、20Km/hで走るのは勘弁してください。

夜になって冷え込んできまして、
夕方に直売所に行った帰りみちがブラックバーンになっていて走るのが怖かったのです。

でも日中晴れ間が出る瞬間もあったりで
忙しい天気の日でありました。

業務終了(あたたかいですね

2009/01/23(金) 23:09:51
20090123230949
ボイラー、加温機燃焼チェック
仮植床整備、加温開始
トマト苗灌水。

3月定植苗の仮植が近づき、仮植床準備しました。
けっこう力仕事なので汗をかくのですけども
今日は暑すぎ。最後には半袖でした。

業務終了(青年農業士の認定式

2009/01/22(木) 19:58:46
20090122195843
青年農業士の認定式に出席してきました。
知事もいらして頂きました。
いろいろ有りまして、これから新潟から上越へ帰ります。

配管修理(今日俺はマリオ

2009/01/21(水) 20:35:43
さてさて、そんなわけで配管修理です。
地面から水が吹き出ているのを確認後掘ってみたのがこちら
20090121115128.jpg
完璧にエルボ(パイプで90度に曲げるための部品)が割れています。
「まあこの交換のみか」
なんて思ったところ(それでもめんどう)
20090121115143.jpg
親父の一言。
はい、全とっかえ。
とはいえ、まるっきり交換した方が手っ取り早いし
きれいで水漏れも無いのも事実なのです。

で、いざ掘ってみると頭の痛い問題発生
20090121143756.jpg
本管からのびる支管のチーズ部分(T型の部品)に
3本の重油の通るパイプ(赤色部分)が通っており、切るに切れません。
それ以上やるとなると、もっと穴を掘り広げなくてはいけません。
そんな時間ねー、
ってことでごまかし修理完了
20090121143815.jpg
それにしてもパイプ曲げすぎ。
何しろ30年以上昔からの継ぎ足し工事ですから。
バルブの位置も何度も変更されています。

一度きれいに直さなきゃいけないなー。

業務終了(突発的作業が入るのはイヤー(>_<。)

2009/01/21(水) 19:49:20
20090121194918
20090121194916
トマト定植準備
(灌水パイプ配管、水出し

灌水パイプは設置した後、ゴミ出しとノズルのチェックかねて水出しします。
畝に開けた穴への植え付け前灌水もかねてます。

細かい作業をされる方からは叱られそうですが、
1万本以上を3日間で植えますので、ご容赦を。

ところが、
いきなり地中から水が吹き出る。
どうみても 配管の地中部からの水漏れですどうもありがと(ry
掘って見ればご覧の有り様。
ポンプ止めたのでコレですが、
圧がかかっていれば…。

しゅうりすっかー(>_<。)

業務終了(車検ってお金かかるね

2009/01/20(火) 23:35:13
トマト定植準備
(穴あけ、灌水パイプ配管、水出し)

車検


今日は乗用車の車検でした。
友人の勤めている会社でやってきました。
基本的に今まで取りに来てもらっておまかせでしたので
今回みたいな立ち会いって初めて。
まぁ早くていいんだけど、おまかせの方が楽だなぁ。

こうちゃんはたいへんかもしれんが。

それにしても、税金かかるなぁ((つд`)

追跡

2009/01/20(火) 23:33:11
ずいぶん双葉がいい色になってきました。
もちろんこんな時大きさの区別に用いるのはタバコ。


20090120233308
20090120233305

業務終了(お手伝い

2009/01/19(月) 21:13:38
20090119211335
20090119211333
トマト定植手伝い
トマト定植準備
(穴あけ、灌水パイプ設置

この時期のハウスの中の温度

2009/01/18(日) 22:48:59
>po様
いつも拍手ありがとうございますm(。。)m

この時期のハウスの中の温度について少々。
ハウスというぐらいですから、基本的に外気温よりは暖かくなりますが
遮っているのは所詮ガラスや、ビニール、プラスチック板ですから
大して暖かくはなりません。
断熱材のしっかり詰まった新築住宅よりは冷え込みます。

もちろん零下に落ちることもあります。

ですが、太陽が出るような天候下では一気に話は替わります。
特にガラス屋根の施設では、全面窓という事でもあるので
室内温度は上昇します。
一例ですが、今日の外気温の最高は10度ほどでしたが、
今日の「業務終了」記事の育苗温室内では28度を超えました。
そこで自動換気装置が働き、天窓が開いたのでそれ以上の温度上昇はありませんでしたが
開かないようにしていたら30度は超えていたはずです。

ですから日中天気のいい日は半袖で仕事をしていることも珍しくありません。
たまに外にもその格好で出るので(短時間ですが)
通りを通る車の運転手から驚かれます。

一般住宅でも窓ガラスは温度の逃げる場所として
カーテンなどの設置を推奨されていますが、
我が家ではビニールでカーテンを設置して
とりわけ夜間のような気温低下時に温度が逃げ出すのを防いでいるのです。

業務終了(二重カーテン設置

2009/01/18(日) 22:24:42
直売所「あるるん畑」出荷(ブロッコリー脇芽、キャベツ)
4号温室二重カーテン設置作業

二重カーテンてなんぞや。

温室とはいえ外気との境はガラスです。
夜間などはいくら中で暖房を炊いても温度が外へ逃げ出します。
そんなときはでんこちゃんの言うとおり、カーテンをしてあげると効率的に保温できるのです
農業の場合カーテンといえばビニール。
太陽光も通すので、日中でも暗くなりません。
とりわけ暖かな空気は上方に集まるので、天井部分に設置するカーテンは
上下層の二重にするとよりいっそう保温効果がまします。
このハウスは今まで一層しか無かったので、もう一層追加しました。

本来なら業者任せにしてしまうのですが今回は私たちも手伝って
早く終わらせます。
20090118222440

天井部分はモーターで回転する巻き取りドラムと、左右に設置した滑車で移動する
ワイヤーによって自動で開閉します。
この回転するドラムの車軸が上下層でで2軸ありますので
2軸2重カーテンといいます。
1軸2重カーテンというのもあるそうなのですが、
同時に上下層開閉してしまうため、不便です。
使っている人みたことありません。
軸がいっぱいある場合は細やかな開閉が可能なため、
いろいろな種類があります。
でもモーターの数も膨大になるので、お金持ちな農家さんしか入れてません。
ってか必要ないでしょ。

ちなみにこのメーカーさんは「誠和」といいますが
カーテン部材を製造販売しているのはここ以外ほとんどありません。
独占です。
マジ最強。

いい感じに

2009/01/18(日) 22:21:42
20090118222139

いい感じに緑色になってきました。
緑化も成功です。

2009/01/17(土) 23:29:45
葬儀参列
トマト畝立て
4号温室二重カーテン設置作業


葬儀に参列してくる。
亡くなったのはよき友人で後輩でもあり、将来ライバルになるはずだった男。
そのときの状況を聞けば聞くほど
「なぜ」という疑問しか残らない。
23歳という若さで現世と別れねばならぬなんて悲しすぎる。
時折漏れる嗚咽と心こもった弔辞に涙が止まらなくなる。

最後の別れに棺に花を手向けたとき
「この馬鹿もんが」とその面はり倒したくなった。

雪が降り積もる中、君はひっそりとその雪に埋もれるように逝ってしまった。
雪が溶けても君にはもうあえない。

合掌

穂木も発芽

2009/01/17(土) 22:30:42
穂木も発芽しました。
発芽したらすぐに新聞紙をはぐる、これ重要。
緑化というのですが、はぐるのが遅れるとひょろひょろもやしのできあがり。
20090117223039

きのう発芽した台木はずいぶんと緑色になりました。
発芽していないセルが少し多くて気になります。
20090117223037

業務終了(今日も畝立て

2009/01/16(金) 22:42:29
20090116224227
トマト定植準備

お通夜。

その後友人達と軽く飲む。

台木発芽

2009/01/16(金) 22:40:05
20090116224002
台木が発芽しました。
やはりおりに入れているので発芽が若干遅れました。

業務終了(やるせなさのみ残る日

2009/01/15(木) 22:22:05
20090115222203

20090115222200

トマト定植準備
(畝立て


ただただひたすらに、やるせなさのみが残る日。

追跡

2009/01/14(水) 20:46:34
20090114204631

台木です。
さすがにまだ発芽はしてません。

業務終了(けっきょく今日も除雪

2009/01/14(水) 20:45:35
除雪
トマト定植準備。

けっきょく今日はなんだかんだ除雪。
パイプハウスとパイプハウスの間は狭いから、大きな除雪機が入りません。
20090114204533

だからこのような小さな除雪機を使うのですが、
正直使いにくいのです。
軽いのですぐ浮き上がってしまうし、
パワーは無いし
オーガ部は固定ですし
(´・ω・`)

まぁそれでもてっぱで仕事より全然早いです。

さてさて、雪に埋もれたキャベツ。
雪の下で甘味を増しています。
もっと積もってしまうとどこにあるかわからなくなってしまいますが
それはそれで春の楽しみとなります。
20090114204531

トマト穂木播種

2009/01/13(火) 22:58:37
さてさて、昨日の台木に続き今度は穂木の播種です。
穂木は地上部になるところ。
今回はタキイの「ハウス桃太郎」
桃太郎シリーズは生産農家、販売者ともに人気の品種です、
が、
実はシリーズの中の品種がめちゃくちゃ多いのです。
ざっとあげただけでも、ハウス、エイト、ファイト、T93、ヨークにホームにはるかに・・・
正直いくつあるのかわかりません。
詳しくはこちらに
タキイ種苗
それぞれに特性が合って、かなり違います。
ハウス桃太郎はかなり古い品種になるのですが、我が家には一番あっている気がします。

さて、こちらが今回の使用品種。
これで1000粒あります。
昨日の種に比べると若干大きいのです。
ところでこの袋の中に種子がはいているのですが、
袋の折り目に種が詰まって出しにくいのです。
どうにかなりませんかね、タキイさん。
20090113225835


種には細かな産毛びっしり生えています。
この産毛のおかげであっという間に種の周りが水で覆われます
20090113225832

20090113225830

いわゆる毛細管現象ってやつですな。
よくできています。


さてさて、播種後はしっかり覆土。
播種する前にセルの中の土を気持ち押さえてへこましてあります。
ですから覆土するときはセルトレイ擦り切りに入れてやることができるのです。
20090113225828

20090113225826

こうゆう土かまいがお手手のあれる原因。
まぁしょうが無い。

新聞かけて、トンネルしておしまい
20090113225823

場所は昨日の台木の隣です。
発芽まで二日ほど待ちましょう。

業務終了(うっね上っげあげ~

2009/01/13(火) 22:55:06
20090113225504
除雪

トマト定植準備
(畝上げ、地中温湯パイプ配管)
トマト播種

今年、と言うか今シーズン一の降雪。
本格的に除雪するのも久しぶり。
除雪機は楽しい。

参加中だよ(´・ω・`) b押してくんろ。 押してみる?
人気ブログランキングへ

FC2Ad